どうしようもないほど 大切な人なんだ*

With sou!With sou!松島聡くん大好き!
<< anan買うか迷ってます main ドラゴンボールはGT派! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
関ジャニ∞バトン 〜Eden -3日間の夢編〜
このバトンを見た瞬間、涙がどんどんと・・・
なのでやらせてもらいます。




関ジャニ∞バトン 〜Eden -3日間の夢編〜




プロローグ-
『もうすぐ1年が過ぎるんだ』
1年前のクリスマスイブ、あなたがこの世界から居なくなった。
毎日泣いて、毎日あなたを考えて、毎日一人で眠る。
それでも毎日、平然と過ごすふりをする。
時間は正直だけど何も解決してくれない。

ねぇ?今年ももうすぐクリスマスがやってくるよ…




関ジャニ∞バトン 〜Eden -3日間の夢編〜




 悗△覆燭居なくなって、もうすぐ1年…どうしたら、あなたにもう一度会える?…ねぇ神様がいるなら聞いて。もう一度だけ…もう一度だけ彼に会わせて…伝えなきゃいけない事があるの。お願い…他に何も願わないから…』
そんなことを考えているうちに、いつの間にか眠ってしまっていたアナタ。
目を覚ますと、誰かの気配が…そこには?

A.「おぅ、起きた?むっちゃ気持ちよさそうに寝てたなー。あ、アイス食う?お前好きやろ、コレ」ソファーに座って、テレビを見ながらアイスを食べる彼の姿…その場所が彼の定位置だった。亮ちゃん
B.なんだか懐かしい匂い…。目を覚ますと、アナタにぴったり寄り添って眠っている、すばる。

Aもすっごく良いんだけどBかな。
これの続き書きたいんだけど下の選択にもあるからやめとこ。




◆悗覆鵑如帖どうして…?夢なの…?。。。』驚きと嬉しさで、パニック状態のアナタ。彼にぎゅうっと抱き付いて、しばらくの間号泣してしまいました。そのとき彼は?
A.「いつまで泣くんですか〜。そんな泣いたら枯れますよ〜。ほらぁ、目の下真っ黒なってるやんか」優しく笑いながらそう言って、涙を拭いてくれる、丸。
B.「大丈夫?止まった?ほんならハイ、笑って。“ニィーッ”。よしよし」アナタを抱き締め頭を撫でながらそう言って、背中をぽんぽんしてくれる、たっちょん。

A!
優しいマルちゃん、素敵過ぎる。

「な、なんで隆平・・・?う、そだ・・・絶対に夢だ・・・」
「夢ちゃうよー。いつまで泣くんですかー?」
「だ、だって・・・こんな事あるわけ・・・っ!」
ギュッ
「隆平・・・?」
「ほら。触って?嘘ちゃうでしょ?○○を抱きしめられるねんで。」
「・・・うん。」
「僕だって寂しかった。だから会えて嬉しいねん。やからそんなに泣かんといて?」

優しいし、甘えたくなっちゃうね。




12月22日
 慳瓦犬磴覆い鵑澄ここにはあの頃と同じ、何も変わってないあなたの姿がある。あなたは何も無かったみたいに普通で。。それが凄く嬉しくって。やっぱり私はあなたが大好きで。。』翌朝、まだうやむやな頭の中を整理しながら、彼を凝視するアナタ、そのとき彼は?

A.「そんな見られたら穴あくんやけど(笑)あ、そや、卵焼きつくってー?」アナタの作る卵焼きが大好きで、やっぱり今日も卵焼きの、ヨコ。
B.「めっちゃびっくりした顔してんなぁ(笑)でもちゃんと、俺やろ?」そう言って、両手を広げて笑う彼。ヒナ。

うーん。Aかな。
いつもと同じ、って感じが凄く好き。

「そんな見られたら穴あくんやけど。」
「だって、本物の裕だーって思うと・・・つい。」
「あ、そや!卵焼き作って?」
「は?今?」
「おん。」
「何でこんな時に・・・」
「俺な?またもう一度○○に会えたら一番に卵焼き作ってほしかってん。」
「・・・しょーがないなー!」
「お前の卵焼きしか口に通らんわ。有難う。」

うーん。
ヨコに卵焼きは∞の疑問が凄く覚えてるよ。
あの回は大好きだもん。ヨコ好き。




△笋辰畔疹鐃瓦鮗茲衞瓩靴織▲淵拭終始いつも通りの彼。彼と一緒に過ごしたアナタの部屋で、懐かしくて嬉しくて、なんだかくすぐったい二人の時間。
A.「お前、こんとき髪短いな〜。わ!コレめっちゃ懐かしい!初めて撮ったやつちゃう?」アナタが大切にとっておいた写真を眺めながら楽しそうに笑う、内くん。
B.「…ぐすっ…アカン、だめや。やっぱこれ何回見ても泣ける…」二人して大好きで一緒によく見た映画を見ながら、あいかわらず泣いてしまう、安。

Aかね。
こういう設定、大好き。

「わー!ちゃんとアルバム取っといてくれてたんやー!」
「この博貴、視線がイヤらしいね(笑)」
「あはは。めっちゃ○○見てる。コレは初めて撮ったヤツやんな。」
「何年前?博貴も若いよ。」
「・・・この時は幸せやったのにな・・・」
「ん?何か言った?」
「ううん!何も言ってないで?」

きっと主人公はずっとアルバムを開けてなかったに違いない。
私も、サヨナラした人の写真とか見れない人だもん。





12月23日
ヽ阿浪晴。「せっかく天気いいし、どっかいかへん?」ワクワクした顔で彼がデートに誘ってくれた。

A.特に目的も決めず、目に入ったそのへんのお店に寄り道しながら、丸とお散歩へ。
B.お互い好きな本を読んだり、話をして笑ったり。内くんとかわいいカフェへ。

A。ふらーっとしたいね。

「どこ行くの?ていうか隆平、歩くの早い!」
「○○が1年で遅なったんちゃーう?」
「そんな事・・・あるのかな。」
「・・・あっ!あそこ入ろ!」
グイッ
「アクセサリーの店?何か買うの?」
「まー何でもええやん。なっ!」

マルちゃんとデートしたら何処行っても楽しいだろうなー。
腕を組むより手を繋ぎたい。





二人で歩いていると、彼のふとした行動にアナタは懐かしさで胸がいっぱいに…
A.「もー、お前なんで歩いてるときそんなフラフラするん?相変わらず危なっかしいなー」人混みの中、アナタの手を握って自分のほうへ引き寄せてくれる、亮ちゃん。
B.「ひとくち」そう言ってアナタの持っている飲み物をそのまま飲む、すばる。

BだけどココはAで。
すっごいこういうの弱い・・・

「わっ!ちょっ・・・亮ちゃーん!」
グイッ
「大丈夫か?お前、とろすぎるわ(笑)」
「そんな事言ったって・・・アホ。」
「相変わらずそんな事は変わってないねんな。外見は綺麗になってるのに。」
「バッ・・・バッカじゃないの!?」
「照れるのも変わらんなー。安心する。○○と居ると。」

何か1個前のマルちゃんと似たシュチュエーション。
好きだなー。こういうの。





今日の夜ごはんは、アナタの手料理。アナタが食事の準備を していると、彼は?
A.「あ、待って待って!俺それ切りたい」腕まくりをしながら、嬉しそうにアナタの隣に来る、安。
B.「なんか、飾りつけとかしようや?なんかないかな〜」部屋の中をあれこれ探しながら、テーブルの飾り付けをしようと張り切る、ヒナ。

A?うん、腕まくり好き。笑

「コレ切るでー」
「待ってー!俺やるわ!」
ピタッ
「・・・何か近ない?笑」
「そうー?一緒に美味しいの作ろうな♪」
「うん!」

ほっこりするー。




12月24日
 愃Fで1年…1年前のあの日と同じ、外は雪が降っていて、隣にはあなたがいて。何にも変わらない外の景色に、何にも変わらない私達、凄く、凄く嬉しいんだよ。。?気付いてるの・・?』そう思いながら彼を見つめるアナタ。でも、いつもとは違う気がする、彼の様子…

A.「今日は…家で過ごさへん?外、寒いし」ソファーに座りながら静かにそう言って、アナタの手を離さない、たっちょん。
B.「雪や…。なあ、イルミネーション、見に行くか」窓を覗き込み、アナタのほうを振り返って笑う、亮ちゃん。

わ。どっちも良いな。
でもBかな。
雪降ってるなら外行きたい。

「雪や・・・イルミネーション、見に行くか。」
「・・・うん。行こっか!」
(イルミネーションが飾ってあるツリーの前に着く)
「綺麗だねー」
「○○が?(笑)」
「アホ(笑)」
「こんなに素敵なイヴ、過ごした事無いわ。・・・俺幸せやな。」
「やっぱり、今日の亮ちゃん変だよ?どうかした・・・?」
「ん?別に・・・雪のせいちゃう?」

うー。こういうの悲しい。





∪鼎に降る雪を眺めながら他愛もない話をしていると、彼が 突然 「プレゼントあんねん」そう言って、取り出したものは?
A.「お前色気ないからな〜。…ん、似合うわ」アナタの首に手をまわし着けてくれた、小さなリボンのついたネックレス。ヨコ。
B.「寒がりのくせにいっつも薄着やねん、お前。これでもしときなさい」照れ隠しなのか、ぶっきらぼうに首にかけてきた、もこもこのマフラー。すばる。

すばちゃんが良いけどAの方がキュンってくる。

「裕?何してんの?」
「んー?コレ・・・やるわ。」
「ゆ・・・う・・・コレって・・・」
「お前色気無いからな。ほら。おいで?」
トテトテ
「ほら。やっぱ似合うやん。」
「ありが・・・と・・・うっ・・・」
「泣くなってー。○○にはもっと綺麗になって良い男見つけーや?」
「え・・・?」

素敵ー。
この首に手を回して、っていう所が好き。








12月24日 23時50分
『ありがとう♪』ふと隣を見ると、なぜか悲しそうな顔の彼…『どうしたの?』
「ごめんな…3日間しか、一緒におれへんねん…最後まで言われへんかった…。もう、行かな…」
突然の彼の言葉。
…わけがわからない、ただ涙が溢れて止まらない…
しだいに、光に滲んでいく彼の身体。
『これで本当に最後なんだね』

お別れの時間。最後まで優しく、アナタの涙を拭きながら彼が言った最後の言葉。


お別れの時間。最後まで優しく、アナタの涙を拭きながら彼が言った最後の言葉。
A.「はぁ〜めっちゃ楽しかったわぁ!…うん、楽しかった…俺な?お前とおれてほんま幸せやったわ」いつもと同じ優しい笑顔で、アナタの頭を撫でる、丸。
B.「元気でおるんやでっ?泣いたらアカンぞぉ?そんなやったら俺、いつまでも安心できひんからな」アナタを悲しませないように、最後までいつも通りの元気な笑顔で語りかける、安。
C.「ありがとうな?ありがとう…今までほんまに。…俺なぁ、やっぱりめっちゃ好きやわ、お前のこと」アナタの両手を優しく握って笑う、たっちょん。
D.「一人にしてまうけど、ごめんなぁ?…でも俺はずっと側におるから。守るからな?ずっと…」アナタをそっと抱き締める、ヒナ。
E.「好きな奴ができたら、絶対幸せんなれよ。…お前のおかげで最後まで幸せ者やったんやから」隣に座り、ただ前を見てアナタの手を包む、ヨコ。
F.「一緒に寝てや…?お前あったかいなぁ。ほんま、あったかい…」目を覚ました時には彼の姿はもうないと思うと、涙が止まらない…そんなアナタをぎゅっと抱き締めて目を閉じる、すばる。
G.「笑えやー!お前は笑ったほうがええ。笑っといてほしいねん。俺、お前のその顔好きやねんから」アナタの頭をぐしゃぐしゃと撫で、やわらかい笑顔で笑う、亮ちゃん。
H.「あーあ…このまま離れんかったら、どうなるんかな?……って、俺最後まで男らしくないなぁ?」笑ってそう言ったあと、涙をこらえて俯く、内くん。

選べないよー。
全員カッコいい・・・

でも最後はすばちゃんで。
最初の質問からプレイバックしていきます。













「・・・すば、る?なんで・・・え、ちょ・・・」
スースー
「嘘・・・またすばるの夢だ・・・何回目だ、私・・・」
「何回も俺の夢見てるん?」
「うん、って・・・すば、る・・・?」
「そうやで。おはよう。元気にしとった?」
「夢でしょ・・・こんなん夢に決まって・・・」
ギュッ
「夢やないし。今、○○を抱きしめてるのは誰やと思う?」
「すば・・・る?」
「よく出来ました(笑)やっぱ○○は暖かいなー。」
「すばる・・・?・・・私、あのあの・・・」
(私の口を塞ぐすばる)
「寂しかった。○○と話せなくて。今、1番夢みたいなのは俺や(笑)」
「・・・っ、好きだよ?大好きだよ?会えなくて私も泣いたよ・・・?」
「泣くなって。な?折角○○の好きな俺やぞ?」
「分かってるー。もうアホー(泣)」





それから二日間
楽しく遊んで24日








「今日のすばる・・・変やで?」
「・・・サヨナラの、時間や・・・な・・・」
「え?消えてって・・・」
「俺な。○○と最期の3日間過ごせて幸せやった。」
「すばる・・・」
「また一緒に寝てや?あと忘れんといて。それだけ。」
「忘れるわけ・・・忘れられる訳ないやん・・・」
「○○は暖かいなー。俺があげたマフラーもずっと付けといてな。」
「・・・私も幸せやった。ありがとう・・・」
「俺こそ有難う。幸せな恋、するんやで・・・」
「す、ばる・・・?すばる!?」

貴方が消えた1年前
私の心は真っ暗でした

でも貴方が私の前に現れた3日前
また貴方が居なくなってももう真っ暗ではありません


私は貴方が好きでした
好き過ぎて貴方に負担をかけてたのかな・・・
心配してきてくれたんかな・・・

今でも変わらず貴方が好きです
でも、前みたいに貴方が泣く夢は見なくなりました


貴方の元で私は今も生きるでしょう
誰のためでもない、貴方と自分のために


好きでした
また生まれ変わったら貴方に恋をするでしょう

貴方に言えることはただひとつ



「また君に巡り合いたいよ」




私のEdenはあなたでした。










『私ねあなたに伝えなきゃいけない事があるの。
 私、幸せだよ。
 今もこれからも。。ずーっと幸せなの。
 あなたに出会えたことが宝物なの。
 私を見つけてくれてありがとう。』

まっすぐに彼を見てそう言ったアナタを見て、彼はちょっと涙ぐみながら、やっぱり優しく笑った。



12月25日 0時00分
クリスマス。あなたは私の中に消えていった。
たくさんの時間の中で、笑って、泣いて、たくさんの幸せをくれた。

『ありがとね。。 バイバイはしないからね』

ねえ どこかで繰り返しているとすれば
また 君に巡り会いたいよ -







色を変えてないトコが私の妄想です。
うーん。
久しぶりだったから全然、思い浮かばなかった。笑





書いてる途中も泣いてたとかね。
寂しいね。




01:11 J comments(3)
スポンサーサイト
01:11 - -
comment
結衣 2008/08/04 20:09
初投稿です
泣きそうです><
それと、Edenの曲はカレ・カノどちらかが、死んじゃうというストーリーなんですか??だとしたら、どちらが死んでしまうのですか??
karin 2011/04/26 17:18

だれかー
お話しよ?

エッチなおはなしでもいいよん☆♪
http://yo8i39q.rply.kakusan-twitter.net/yo8i39q/
にゃん子 2011/06/07 05:20

message :